風俗店スタッフの心得〜女性キャスト管理〜

風俗店スタッフの心得〜女性キャスト管理〜

〜女性キャストと上手く働く〜
風俗店・キャバクラで働く女性たちはお店の売上を左右する重要な存在です。
男性スタッフは仕事で彼女たちと関わることは多いですし、ある程度慣れてきたらその管理を任されることになります。
そんな時に彼女たちと上手くやっていくための心得をいくつか紹介しましょう。 最終更新日:2013-04-17

風俗店は女性キャストが中心

風俗で働く男性スタッフが高収入を手に入れられるのはなぜでしょう。
それは女性キャスト(風俗嬢)が稼いでくれるから。
もちろん影で支える男性スタッフがあってこそ運営できるわけですが、大変な仕事をこなす女性キャストが中心になるのは自然なことです。
男性スタッフが仕事をしていく上で避けて通れない女性キャストとの上手な付き合い方について解説していきましょう。

女性キャストとの仕事での付き合い方

風俗店スタッフと女性キャストの仕事での付き合い方

女性キャストとの付き合い方について解説していきましょう。
上手な付き合いができていればキャストのパフォーマンスが向上して店舗の売上アップ、ひいては自分の収入アップにも繋がる可能性があります。
また、後述する「仕事でのピンチ」を助けてくれるかもしれません。

適度な距離感を保つ

風俗店で働く女性に対して偏見を持つ人がいますが店舗スタッフとして働く以上、それは頭の中から排除しましょう。
彼女たちの頑張りが自分の給料に繋がるわけですからむしろ尊敬の念を抱くくらいです。
逆に、必要以上に親密になる必要はありません。
全員と同程度に親密な関係になるのは難しいですし、所属の女性の中で差ができると色々とややこしいことにつながります。
付かず離れずの関係を心掛けましょう。

扱いに差をつけない

風俗店で働いているかどうかに関わらず、女性は贔屓(ひいき)というものが嫌いです。
男性に比べて不平等に対しての憤りが強く、平等性を重んじる傾向にあります。
特に良くないのは優遇している女性が優れた点を持っている場合(ルックスなど)、男性スタッフ側に下心がある場合です。
前者は嫉妬の対象になってしまいますし、後者は単純に気持ち悪がられます。
したたかな女性は自らを贔屓してもらうべく様々な手法を使ってきますができるだけ平等に扱いましょう。
男性ならばある程度納得はできる優秀だからこその贔屓も女性においてはタブー。
指名相手がいない状態(フリー)で来店したお客へ誰をオススメするかは男性スタッフの影響力がかなり大きいです。
そこで贔屓されると収入に直結するので彼女たちの反応もシビアです。
1人を優遇するあまり他の全員に退店されるなんてことになってしまったら洒落になりません。

常に気にかける

自分のことを大切に思ってくれている人のことを嫌う女性はほとんどいません。
「今日も可愛い(綺麗)ですね」「体調は大丈夫?疲れてない?」「何か良いこと(悪いこと)あった?」
優しく声をかけてあげましょう。
一緒に仕事をしているうちはお姫様気分にさせてあげるのが重要なのです。
こういった何気ないコミュニケーションでも少なからずキャストのサービス・パフォーマンスに影響するのです。
それは最終的に男性スタッフが得る給料に廻りまわって返って来るのです。

ストレス発散・相談ごとにはじっくり付き合う

女性は話をすることでストレスを発散する生き物です。
仕事のストレスで色々とグチを言いたくなるときもあるでしょう。
仕事での失敗や今後の身の振り方など話を聞いてもらいたいときもあるでしょう。
そんなときは時間の許す限りじっくり対応してあげてください。
面倒だと思ってもそれを顔に出すのはNGです。

女性キャストに嫌われないために

風俗店で働く女性に嫌われないための方法

女性キャストの権限が強い職場だと彼女たちから嫌われると仕事をクビになってしまうかも…
お互いに気持ちよく仕事をするためにちょっとした気遣いが必要です。

扱いは平等に

前述の付き合い方でも触れましたができるだけキャストは平等に扱いましょう。
ほんのちょっとしたことでも彼女たちは敏感に察知します。
100%完璧にするのは無理なのですが贔屓をしていることを悟られないだけでも十分価値はあります。
自分の好みの女性だから…、贔屓したらタダで○○させてくれるかも…、などの下心はしまっておきましょう。

仕事のミスをなくす

女性キャストたちは店舗スタッフの仕事ぶりを直接・間接的に案外見ているものです。
出勤しているのにHP上で出勤扱いになってない、プロフィールが間違っている、私語が多い、道を間違える(ドライバー)、取材などの予定を連絡し忘れる、シフトを自分の都合で変えてくる、などなど。
彼女たちも生活がかかってますのでシビアです。
店舗の売上にも関わってきますので女性キャストに嫌われるかどうか以前に気をつけたいところです。

プライベートを詮索しない

女性キャストとのコミュニケーションは大事ですが、プライベートとの線引きはしっかりとしましょう。
風俗店で働く女性を軽い女性と考える人がいるかもしれませんが彼女たちはお金のために仕事をしているのであって男性スタッフと簡単に恋愛関係になることはありません。
また、風俗店で働いていることを基本的には秘密にしているのでそこで関わる人には逆にプライベートを秘密にしたくなるのは当然のこと。
それを詮索されたら嫌われてしまいます。

他のキャストの事を話さない・聞かない

女性キャストは接客相手がいないとき、基本的には待機しています。
複数人で一部屋にいる場合もあれば、個室の場合もあり、デリバリータイプの場合は自宅の場合もあります。
他のキャストと仲良く談笑する人もいますが、多くはありません。
彼女たちは同じ店に所属してはいますが客を取り合う関係でもありますのでキャスト同士の繋がりは案外薄かったりします。
そのため、他のキャストについての話を聞きたいとも思わないし、逆に良く知りもしないキャストについて聞かれるのは迷惑だと感じることが多いです。
別の見方をすれば、聞いてくるのはそのキャストになにか気がある(贔屓)と思われますし、聞いてくるのは自分のことも他のキャストにベラベラしゃべりそうな印象を与えてしまいます

出勤管理の注意点

風俗店で働く女性キャストの出勤管理の注意点

男性スタッフが遅かれ早かれ携わるのが女性キャストの出勤管理。
特殊なスキルは必要ないものの、注意すべきことはいくつかあります。

時間にルーズな人が多い

時間にルーズだから風俗店以外で働けないのか風俗店で働くようになってから時間にルーズになったのかはわかりませんが時間を守らない人は少なくありません。
前日に決めた出勤時間を特に理由も無く破る、寝坊する、忘れていた、などなど。
一般の会社で働く感覚で一方的に信用しすぎると当日になって出勤数ゼロ、なんてことになりかねません。
店側から確認の連絡をしたり、逆にキャストの方から連絡してもらうようにしましょう。

子供、家族の事情での早退・欠勤がある

特に子供が関わるケースが多いです。
病気・怪我・学校関係などなど、シングルマザーの場合はどうしても本人が対応しなくてはならないことがあります。
こればかりは仕方ないので諦めて快く送り出しましょう。
店側としては困りますが、そういった雰囲気を出しすぎるとキャスト側に正当な理由ですら言い出せない空気が漂い、当日ドタキャンなどもっとも大変な自体につながりかねません。
そうならないために普段からコミュニケーションをとって急なトラブルが起こらないようにしましょう。

ストレス、精神的な病みがある

誰にでも仕事上のストレスがあります。
その中でも風俗店で働くことのストレスは特に大きいでしょう。
上手く発散できれば良いのですが、1人で抱え込んだりして精神的に病んでしまう人もいます。
そんな状態になると出勤ができないどころか連絡すら取れないことも良くあります。
女性特有の周期に関連してその症状が出る場合もあります。
事前に予測できそうな場合は出勤人数を少し多くしたりと対処しておきましょう。

本業、昼職の仕事の都合がある

風俗店で働く女性すべてがそれ一本で生活しているわけではありません。
昼間にOL・バイトなど、別の仕事をしていたり、学校に通っている場合もあります。
当然ながら風俗店で働いていることは周囲には秘密にしていることがほとんどですのでその仕事を理由にして本業・学校での都合を断れません。
副業として働いてる・現役学生はこういった理由での急な遅刻や欠勤があるかも知れない事は想定しておきましょう。

急遽出勤をお願いしなくてはならないときがある

前述していますが風俗店はキャストの存在がもっとも重要です。
もし、出勤できる人が1人もいなかった場合は営業ができません。
そのために前日までにしっかり出勤管理をするわけですが上記の理由などで揃わない場合は直接お願いして出勤してもらわなくてはなりません。
こんなときこそ常日頃のコミュニケーションの取り方が重要になってくるのです。
上から目線で命令ばかりしている男性スタッフが困っているからと言って助けてくれるキャストは何人いるでしょうか。
媚びへつらう必要はありません、相手を尊敬し真摯な対応をしているのであれば自分が困ったときに手を差し伸べてくれる人もいるでしょう。

求人情報を探してみましょう