風俗業界の正社員とアルバイトの違いとは?

風俗業界の正社員とアルバイトの違いとは?

最終更新日:2019/8/9

質問

風俗で働く場合、バイトと正社員ではどのような違いがありますか?
風俗業界ならではの大きな違いなどはありますか?

回答

就職、転職する上でアルバイト(非正規雇用)として働くか、正社員(正規雇用)として働くか。
ふたつの違いは気になりますよね。
風俗業界は特殊な業界ではあるものの、アルバイトと正社員の違いは一般的なものとほとんど変わりません。
しかし風俗業界においては、絶対に見逃せない大きな違いがひとつあります。
その違いについて紹介します。

風俗業界ならではのアルバイトと正社員の違い

・稼げる金額(給料)が違う!
一般的に言ってもアルバイトと正社員では稼げる額が変わってきます。
しかし風俗業界ならではの特徴としてその差がとても大きいということがあります。

風俗業界はアルバイトでも高い時給で働けるのでそれなりの収入にはなりますが、昇給や昇格の頻度は正社員に及びません。
そして風俗業界は昇給や昇格で上昇する給料の額がとても大きく、さらに昇格後に適用される歩合給やインセンティブと呼ばれるボーナスでどんどん差が開いていきます。
このボーナスの金額が一般業界とは比べ物にならないほど高く、毎月のようにもらえるなど頻度も多いので稼げる金額に大きな差が出ます。

アルバイトにも適用されるボーナスはありますが、種類が少ない / 額が少ないなど、正社員と同じ条件ではありません。
稼げる金額(給料)で言えば正社員が圧倒的です。
賞金や歩合給によっては3倍以上の差が付く月もあるでしょう。

とはいえアルバイトで働くことにまったくメリットが無いわけではないので、どちらの働き方が自分に合っているのかをよく考えてから決めるようにしましょう。

正社員募集中の高収入求人情報

一般的な正社員とアルバイトの違いとは?

一般的なアルバイトと正社員の違いは以下のようになっています。

・雇用期間の違い
アルバイトの場合は、雇用期間に定めがある"有期雇用"です。
一定の期間ごとに契約の更新が必要です。
正社員の場合は、雇用期間の定めがない"無期雇用"になります。

・給料形態の違い
アルバイトの場合、給与形態は"時給制"であることが多いです。
正社員の場合、給与形態は"月給制"がほとんどです。
これはその傾向があるというだけで、時給制の正社員もあります。その場合は同時にシフト制を取っていることが多いです。

・勤務時間の違い
アルバイトの場合は勤務時間をシフト調整によってかなり自由に選択できます。
ある程度周囲の希望と折り合いをつける必要はありますが、増やすも減らすも自由に希望することができます。
正社員の場合は会社に定められた労働時間に従うことになります。
休みがまったく取れないということはありませんが、いつでも自由に気軽にというわけにはいかないでしょう。

アルバイト募集中の高収入求人情報

エリアで求人を検索してみましょう