選べる早番、遅番シフト 風俗業界未経験にオススメなのは?

選べる早番、遅番シフト 風俗業界未経験にオススメなのは?

最終更新日:2017/12/14

質問

風俗業界は未経験なので面接時にいろいろ確認していたところ、就業時間について「働く時間はシフト制で、早番と遅番を選べます」と言われました。
今のところはどっちでもいいなと考えているのですが、それぞれの違いや業界未経験にオススメするほうがあれば教えてください。

回答

基本的に営業時間が長いため、シフト制または交代制を採用していることが多い風俗業界。
働く時間帯を自由に選べるのは便利ですが、あまり違いがわからない、どっちでも良いという人もいますよね。
今回は風俗業界未経験の方に向けて、早番・遅番のどちらがオススメなのか?それぞれの特徴を紹介していきます。

業界未経験ならどっちがオススメ? 早番 vs 遅番

初めて風俗業界で働くなら、一般業界と働く時間帯があまり変わらない早番から初めてみるのが良いでしょう。

急に今までの生活リズムを大きく変化させてしまうと体調を崩すかもしれませんし、仕事の感触を確かめる意味でも早番のほうがオススメできます。
家族や友達と時間を合わせやすいというメリットもあります。

実際に働いてみると風俗業界って意外と普通の仕事をしてるんだな・・・と思うはずです。

風俗業界の仕事に慣れて余裕がでてくると「もっと稼ぎたい!」と考えるようになると思います。
そうなってきたら歩合や手当てなどで早番よりも稼げる遅番を希望してみましょう。

遅番の仕事は早番に比べて忙しいぶん、自分の仕事ぶりを評価されやすいです。
評価されればすぐ昇給、昇格に繋がり、給料に反映されます。
風俗業界ならではの利点を活かしやすいと言えます。

選べるシフト制・シフト自由の求人情報を探す

早番とは? 風俗業界の早番の特徴

一般的に早番とは交代制勤務をとる職場で、早い時間に出勤するほうという意味です。
早出とも言います。
何時から何時までと具体的に決まっているわけではなく、交代勤務で早く出勤するほうが早番です。
風俗業界には(夕方〜深夜)と(深夜〜翌朝)という交代勤務もあるので、この場合は(夕方〜深夜)の担当が早番に当たります。

特徴
・一般的な生活リズムから外れず、規則正しい生活を送れる
・お客さんの総数は夜と比べて少ない
・フリーが少なく、予約や指名で来店するお客さんが多い

夜〜深夜帯が中心になる遅番と比べると風俗を利用するお客さんの数が少なめで、お酒に酔ったお客さんも稀なので接客は少し楽です。
働く時間帯も一般業界とほとんど変わらないため、風俗業界で働いているという感覚はあまり感じられないかもしれません。

遅番とは? 風俗業界の遅番の特徴

早番とそのまま逆で、交代制勤務をとる職場で、後から出勤するほうが遅番です。

特徴
・お客さんが風俗を利用するメインの時間帯なので忙しい
・深夜労働手当など、いくつかの手当ての対象になる
・昼の本業と時間が被らないので副業、アルバイトで働く人も多い

風俗業界が活発になるメインの時間帯です。
お客さんの総数も増えますし、ときには酔いすぎているお客さんの対応をしなければならないことも。
深夜労働手当の対象になる時間と被ることが多いので、早番と比較して高収入になりやすいです。
副業として入ると本業の収入も合わせてかなりの稼ぎになります。

エリアで求人を検索してみましょう