WEBスタッフ特集『俺、WEBデザイナーになる!』

WEBスタッフ特集『俺、WEBデザイナーになる!』

就職活動に立ちはだかる大きな壁『経験』の有無。
人気の職種であれば競争率も高くて未経験ではなかなか採用されません。
夢を叶えるためにまずは『経験者』になるのが近道です。
今回は、WEBデザイナーの経験者になるための第一歩、風俗店のWEBデザイナーを解説します。 最終更新日:2019-03-26

WEBデザイナーとは

WEBデザイナーイメージ

インターネットでWEBサイトを見ると、かっこいいページ、かわいいページ、見やすいページ…と、いろいろなページがあります。それを作っているのがWEBデザイナーです。
WEBデザイナーという職種は、主にWEBサイトを作る職種で比較的に新しく1990年代に生まれました。
そもそも、今では当たり前に存在しているWEBというものがなく、世界で初めてWEBサイトが生まれたのも1991年といわれています。
その後、WindowsやMacといったパソコンが普及し、誰でもWEBサイトが見られるようになった為に必要になったのがWEBデザイナーという職種です。

風俗店のWEBデザイナーを勧める理由

ひとりひとりがスマートフォンを持ち歩きいつでもどこでもWEBサイトを気軽に閲覧する時代になった今、これまで以上にWEBデザイナーの需要は高くなっています。
それならWEBデザイナーは引く手あまたかと思われるかもしれませんが、実はそうではありません。

WEBデザイナーは何歳になっても出来る仕事です
しかし、毎年多くのWEBデザイナーが誕生しているので、飽和状態になってきています。
経験の浅いWEBデザイナーは選考で落とされてしまいがちで、就職するのが難しくなっています。

そこで、お勧めするのが、未経験者可の求人が多くある風俗店のWEBデザイナーです。

風俗店のWEBデザイナーは、WEBデザインだけでなくWEBに関するすべての仕事を任されることが多く、WEBデザイナーとしての経験がなくても技術があれば採用されやすいです。

風俗店のWEBデザイナーのメリット

未経験から働けること以外にも良いことは多くあります。
最大のメリットは給料の高さでしょう。
風俗店のWEBデザイナーは一般のWEBデザイナーより多くの給料を得ることができます。
また、最初から多くの仕事を任されるので多くの経験をつむことができます。
もし転職することになっても『経験者』として求められる人材になっていることでしょう。

風俗店のWEBデザイナーのデメリット

女性の裸や卑猥な言葉に抵抗がある人には、日々の業務が大きなストレスとなるのでお勧めできません。
キャバクラやホストクラブなどのWEBデザイナーの募集もありますのでそちらに応募しましょう。

また、親族や友人には職業を教えにくくなるでしょう。
その場合はアリバイ対策のあるお店もありますので探してみてください。

風俗店のWEBデザイナーの給料

一般のWEBデザイナーの年収は平均で350万円程度と言われ、未経験からの場合は月給では20万円程度で働くことになります。
これは、数ある職種のなかでも決して高いとは言えない水準です。
風俗店のWEBデザイナーの場合は、25〜30万円以上となっていることが多く一般のWEBデザイナーより多くの給料を稼ぐことができます。

風俗店のWEBデザイナーの働く環境

風俗店のWEBデザイナーというと、風俗街にある店舗での勤務を想像されるかも知れません。
しかし、大手の風俗グループは店舗とは別に本社事務所があります。
その場合は、WEBデザイナーは本社勤務になることが多いです。
オフィス街にある女性も働く普通のオフィスでの勤務になりますので、一般企業と何ら変わりません。
風俗店で働くはちょっと嫌だな...と感じている方も安心して働けますので、気になる方は応募の際に確認してみると良いでしょう。

風俗店のWEBデザイナーが行う主な仕事と身につく技術

・コーディング
WEBデザイナーのメインの業務です。HTMLやCSSなどを使用してWEBサイトを作成します。
最近の風俗店のWEBサイトは凝ったつくりになっているので新しい技術も積極的に勉強することができます。
・画像作成と加工
風俗店では、女性の画像をよりきれいに見せる必要があるので、トリミングや明るさの調整から体や顔のラインを変えるといった技術まで幅広く勉強できます。
WEBサイトで使用するバナーなどの画像作成も行いますので、どのように作れば効果があるのかなど実践的な知識を得ることもできます。
・SEO対策
SEO対策とは、GoogleやYahooで検索した際に上位に表示させるためのWEBサイトの最適化のことです。
風俗店は、検索経由で来店するお客さんが多いのでWEBサイトを作成する際にはSEO対策もセットで行います。
・データの更新
キャンペーン情報や新しい女の子の情報などの更新を行います。
ユーザーの興味をひくキャッチコピーのつけ方などの勉強にもなります。
・打ち合わせ
WEB制作やバナーの作成は上司や現場からの依頼を受けて行います。
どのようなデザインにするのか入念に打ち合わせをして決める必要があります。
仕事に必要なコミュニケーション能力が身に付きます。

まとめ

風俗店のWEBデザイナーが、プロのWEBデザイナーになるための需要なステップの1つになることがおわかりいただけたと思います。
業務を行ううえで得た知識や技術などの経験は、どんな業種のWEBデザイナーでも必要とされるものです。
もし希望する業種のWEBデザイナーになれなかったとしても、風俗店のWEBデザイナーとして経験をつめば未来はきっと開かれるはずです。

男ワーク関東版のWEBスタッフ募集