技術を活かせるサイドワークで高収入!

技術を活かせるサイドワークで高収入!

スキルを活かして高収入!
イラストが描ける、HTMLが理解できる、フラッシュが使える・・・
一つでもできるものがあれば、今すぐ応募♪
カメラが使える方は、女の子の撮影などカメラマンの仕事もあり!

フリーでお仕事されている方もOK。副業として空いた時間を上手に利用できます。
専属契約が可能なお店もあるので、興味がわいたら気軽に問い合わせてみましょう! 最終更新日:2013-03-18

カメラマンの仕事

風俗店でのカメラマンの仕事

女性スタッフのグラビア撮影から加工まで行うお仕事の求人

主な仕事内容
風俗店に所属する女性のパネル(宣材写真)を撮影することが主な仕事です。
昔は撮影のみの仕事でしたが、現在では撮影した写真の加工までがセットになっていることが多いです。
お店によっては撮影よりも加工のスキルの方を重視する場合があります。
加工はモザイクの他、肌の質感・スタイルの調整などもあります。
応募資格
年齢制限は緩く、18歳以上であれば基本的に問題ありません。
体力が必要な仕事でもないので年配の方でも。
カメラの撮影スキルは趣味程度でもOKな場合もあります。
しかし、ある程度人物撮影をこなしていないと難しいです。
被写体の女性は撮影なれしたモデルとは違いますのでカメラマン側がポーズなど指示する必要がありますので。
スタジオでの就業経験がある人ならば何の問題も無く働けます。
就業形態
様々あります。
正社員待遇でお店に所属する場合があれば、外注として契約を結ぶことも。
フリーのカメラマンを登録制で確保しているお店もあります。
給料
正社員・専属の場合は月給での支払いが多いです。
必要なときだけ呼ばれるバイト・登録制の場合は時給や日給です。
写真の加工については1枚あたり○○円、などで給料が発生することも。
注意点
下着、時には全裸の女性の撮影を行いますので邪な気持ちが出てしまうことがあります。
店側としては女性を守らなくてはいけませんので、理性を保てないカメラマンはクビになります。
実際に手を出さなくてもセクハラ発言で相手を不快な気持ちにしてしまうこともありますのでこちらも注意を。

webスタッフの仕事

風俗店でのwebスタッフの仕事

ホームページの制作や更新を行うお仕事の求人

主な仕事内容
店舗のHPに関する様々な仕事を担当します。
簡単なところではデータ入力(女の子のプロフィールなど)や店舗の公式ブログの更新など。
HPの改変や新規ページの作成となると専門性が増します。
画像の加工、HP内で使用するバナーの作成などの仕事もあります。
応募資格
スキル面での応募資格は店舗が想定している仕事内容によって様々です。
HPの更新作業だけ、と言うところであればパソコンでネットを一通りできればOKですし、HPの修正・変更の作業をして欲しい店舗ならばHTMLやCSSの知識を求められるでしょう。
具体的な使用ソフト名が書かれている場合はわかりやすいですが、特に記載ない場合は応募時に確認しておくと良いでしょう。
就業形態
正社員待遇か、バイト勤務が主です。
前者の場合、受付のスタッフの仕事を兼ねる場合があります(接客・電話対応など)
深夜まで営業している風俗店ですが、webスタッフは夜間の勤務は少なめです。
大手のグループなどは在宅勤務ができることあります。
給料
月給制が主です。
申請すれば日払いが可能になる店舗もあります。
スキルによって能力給がつくことも。
注意点
応募側と採用側でスキルに対する認識がずれやすいので応募・面接の際にしっかりと伝えましょう。

事務・webスタッフの求人情報を探しましょう

男ワークでは事務・webスタッフの男性スタッフ求人を紹介しています。
希望の勤務地や業種からチェックしてみましょう。

勤務地で選ぶ

業種で選ぶ

イラストレーターの仕事

風俗店でのイラストレーターの仕事

ホームページやお店のポップなどに掲載するイラストを描くお仕事の求人

主な仕事内容
webスタッフの仕事内容の中でも特にイラスト作成に特化した仕事です。
HP上で使用する人・物・背景・バナー画像などのイラストを作成します。
風俗店でたまに見かける「体験漫画」もこの仕事に含まれるでしょう。
応募資格
仕事内容がある程度絞られていますので資格もわかりやすいです。
イラストを描ける事。
とにかくこれです。
HPがすでに持っている雰囲気などがありますのでそれを壊さないデザインが求められます。
就業形態
継続的な仕事が無いことが多いので短期・単発・登録制などが多いです。
良く言えば副業などに向いている働き方です。
給料
依頼された内容によって異なります。
当然簡単ですぐに作成可能な仕事は安いですし、凝ったもの・量が多いものはその報酬も大きいです。
注意点
デザイン系の仕事の成果物の良し悪しの判断は人によって大きく変わります。
どれだけ上手くできたと思っても依頼主が納得しないのであれば作りなおしになってしまいます。
また、急に180度デザイン変更してくれ、などと言った要望がくることもあるので大変な面も多いです。

関連特集

特集一覧へ