ブラックな仕事を辞めない理由とは?ドラマで見る"厳しい環境"

ブラックな仕事を辞めない理由とは?ドラマで見る

最終更新日:2018/11/14

話題のドラマ『獣になれない私たち』で演出されているブラック会社の厳しい環境。
主人公は営業アシスタントでありながら社長秘書のような仕事、担当以外の資料修正、他人のミスの尻拭い、社内の雑務まであらゆる業務をこなしていました。
もっと細かい描写まで含めるとそのブラックぶりはキリがないほど。
ブラック会社をテーマにした話はしばしば見かけますが、このような環境に身を置く人はなぜ辞めないのでしょうか?

ドラマ『獣になれない私たち』の主人公の場合は"派遣期間満了による契約解除、その派遣先からの紹介で正社員として雇われる"という経緯がありました。
派遣社員から正社員になれたという経験は、たとえ紹介された先がブラックであっても簡単には辞められないという思いに繋がりそうです。

現実でも人それぞれ、さまざまな事情がありますが、なかでも"ブラックなのに辞めない理由"として多いものを紹介します。

ブラックなのに仕事を辞めない理由とは

年齢的に次の仕事が見つかるかどうか不安
退職を躊躇う理由としてもっとも多いものがこれです。
若いうちはそんなに困らない転職活動も、30代後半くらいになってくるとだんだんと採用率は下がってきます。
40代以上ともなると実績や技術を持っていないとなかなか難しく、辞めるに辞められなくなります。
転職活動をする暇すらない / 金銭的余裕がない
ブラックな環境にありがちなのが、起きている間はずっと働いているためにほかのことをする時間がない。というもの。
特に賃金が低く、辞めて収入がなくなると途端に生活できないという場合はなかなか踏ん切りを付けにくくなります。
人間関係を気にする
担当の客や取引先、同僚など、周囲に迷惑になってしまうかも・・・と気を使って辞められないという人もいます。
また、家族を養うために辞められないという人もいます。
責任感の強い真面目な人ほど陥りやすい問題です。
そういうものだと思い込んでいる
漠然と『きつい 辞めたい』と思っていても『どこでも同じ』と決め付けてしまっていることもあります。
複数の会社の環境を知っていれば『この会社はおかしい』と思うことができますが、初めての仕事がブラックだったりするとそれが普通だと思い込んでしまうことがあります。
退職を引き止められる
単に説得されるならまだしも、会社がブラックの場合は引き止めるというより辞めさせないこともあります。
「ここを辞めてもお前なんか・・・」という台詞はブラックの決まり文句です。

意外な解決方法? 風俗業界を活用する

もし今の仕事に不満があり、でも次の仕事が見つかるかどうか不安で辞められないという人は、ぜひ風俗業界を検討してみてください。

まず"年齢的な不安"ですが、風俗業界の求人には年齢制限がほとんどありません
30代後半どころか、40代〜もっと高齢で始める人もいます。
送迎ドライバーなどシニア歓迎の求人を選べば60代でも就職可能でしょう。
また学歴や経験など、必要な資格もありません。

次に"転職活動をする暇すらない / 金銭的余裕がない"という場合です。
この場合、ブラックな環境から離れるためには"辞めてから仕事を探す"という方法しかありません。
貯蓄がないとこの選択肢は取り辛いですが、風俗業界には即日採用/即日払い可という求人も多く存在します。
家電付きの寮や食事補助の待遇などもあり、それこそ着の身着のまま一文無しという状態からでも一般的な生活レベルを維持できます。

風俗なんて世間体が・・・という方も中にはいるでしょう。
その場合、ひとまずは収入のためと割り切って短期で働き、その間に一般業界の就職先をじっくり探すという手段も取れます。
ほんの数ヶ月程度なら履歴書に書く必要はありませんし、ほとんどの風俗店はたとえ履歴書に書いたとしても問題ない会社名を持っています。

年齢制限なし/資格不要/日払い可/寮あり/食事補助あり/短期OK
上記全てのメリットを兼ね備える求人はこちら!

店名
人妻性薬
給与
【幹部候補】月給25万円以上
【ドライバー】時給800円以上
その他経験等により考慮
求人詳細はこちら

エリアで求人を検索してみましょう