今どきの男性高収入求人はガテン系より風俗系!?

今どきの男性高収入求人はガテン系より風俗系!?

ひと昔前までは、未経験で始める男性高収入求人といえば『ガテン系』のイメージでした。
しかし、現在では風俗ワークも男性高収入求人として人気になっています。
今すぐ働きたいけど、ガテン系と風俗ワークのどちらにしようかな?なんて思っている方もいるのではないでしょうか。
今回はそんなガテン系のお仕事と風俗ワークについて特集します。
最終更新日:2019-06-06

ガテン系のお仕事とは

ガテン系のイメージ

最近はあまりガテン系という言葉は使われなくなってきました。
ガテン系ってなに?という方もいらっしゃると思います。

ガテン系とは、主に肉体労働系のお仕事のことをいいます。
リクルート社から発行されていた男性向けの求人情報誌『ガテン』が由来になっています。
ガテンとは「合点」つまりは「了解」という意味で、職人が「OK!」とか「了解!」という返事をする際に「がってんだ!」と言っていたことが語源となっています。

インターネットが普及して求人情報もネットで探すようになったため、求人情報誌は続々と休刊していきましたが2009年にガテンも休刊になっています。
ガテン系という言葉だけは現在も残って使われていますが、最近では「パワーワーク」「パワフルワーク」といった言葉も使われるようになってきました。

ガテン系のお仕事って何があるの?

ガテン系には、肉体労働だけではなくいろいろなお仕事が含まれています。
代表的なお仕事の内容について説明します。

建築・土木のお仕事

土木作業員のイメージ

肉体労働というと、筋骨隆々の日焼けした男性がツルハシを担いでいるイメージがあるかも知れませんが、それがこちらのジャンルです。

建築のお仕事は、簡単に言うと家を建てたりビルを建てたりするお仕事です。
高いところで作業をする「とび職」もこちらに含まれます。
土木は、道路や河川、ダム、トンネル、建築現場の基礎・土台作りなどのお仕事です。
どちらも重いものを運ぶ力を使う作業や重機を使った作業があります。

建築・土木のメリット

身体が丈夫であれば未経験でもできるお仕事で、お給料は一般のお仕事よりも高いです。

向上心があれば多くのキャリアアップが望めるのも良い点です。
重機を運転するための資格や、その重機に物を掛けたり外したりする「玉掛け」、「危険物取扱者」など多くの資格があり、取得すれば給料のアップに繋がります。
未経験で始められて、お給料がよく、手に職が付けられるというとても魅力的なお仕事です。

建築・土木のデメリット

ガテン系のお仕事の中でも、建築・土木のお仕事は身体にかかる負担は特に大きいです。

肩や腰、関節を痛めたり、筋肉やじん帯が切れたりと怪我をして働けなくなることがかります。
また、何かにぶつかったりぶつけられたり、高いところから落下したりと常に危険と隣り合わせです。

汗と泥にまみれて汚くなるので、「きつい」「汚い」「危険」の頭文字をとって『3K』のお仕事と言われています。

怪我や病気をすると、まったく働けなくなり収入が途絶えてしまいます。
そして、障害が残るような怪我をしてしまったら取り返しがつきません。

建築・土木と風俗ワークの比較

風俗ワークは、建築・土木のお仕事と同様に未経験で始められるお仕事が多いです。
そして、建築・土木のお仕事と比較して圧倒的に身体にかかる負担は少ないです。

危険な仕事はありませんし、怪我をすることもありません。
もし、怪我や病気をしても働ける範囲でのお仕事ができます。

長く安全に高収入のお仕事をしたいのならば、風俗ワークをおすすめします。

未経験で始められるお仕事を探しているなら下記をご覧ください。
>未経験歓迎のお仕事

身体にまったく負担のないデスクワークのお仕事もあります。
>事務・WEBスタッフのお仕事

トラックドライバーのお仕事

トラックドライバーのイメージ

未経験でも頑張って働けばたくさん稼げるお仕事といえば、トラックドライバーのお仕事です。
色々な業種でトラックドライバーのお仕事がありますが、仕事の内容はトラックのサイズによって異なってきます。

大型トラックは、大型自動車免許が必要です。
長距離輸送のお仕事が多く、基本的には1人で輸送を行いトラック内で仮眠をとることもあります。
運転の技術が必要で神経も使うので、精神的にも肉体的にも大変なお仕事です。 正社員では会社のトラックを使用しますが、委託の場合は持ち込みのトラックを使用します。
自分好みにトラックを仕上げた「デコトラ」でお仕事をするドライバーもいます。

中型トラックは、中型自動車免許が必要です。
※2007年6月1日までに取得した普通免許であれば、8tまでのトラックが運転可能。
中距離輸送のお仕事が多く、フォークリフトの免許があれば積み荷の上げ下ろしまで行います。

小型トラックは、普通免許で運転ができます。
輸送距離は短く、個人宅への宅配やお店や会社への小荷物など、都市の中での運搬業務がメインです。

トラックドライバーのメリット

他人と仕事をするのが苦手な人は、一人で黙々と運転するだけでいいという点はメリットとなります。
また、免許さえあれば学歴は不問という点も、トラックドライバーになる理由としては大きいです。

厚生労働省の調査によると、トラックドライバーの平均年収は420万円程度ですが、歩合が付くことが多く頑張り次第で稼ぐことができます。
トラックを持ち込んだ委託の場合は、完全歩合の仕事も多く頑張れば頑張るほど稼ぐことができます。

牽引、玉掛け、危険物取扱者などの免許を取得すればキャリアアップも可能です。

トラックドライバーのデメリット

まず、小型トラック以外は免許が必要になるのですぐに始めることができません。
未経験可といっても、当然ながら運転技術は求められます。

交通違反で免停になるとお仕事をすることができなくなり、収入が途絶える点も注意しましょう。

交通手段で最も事故が多いのは自動車で、常に危険と隣り合わせの仕事となります。
どんなに注意していても貰い事故は避けられませんし、最悪の場合は加害者となってしまいます。
常に気を張って仕事をする必要があるので、それだけ過酷な仕事とも言えます。

トラックドライバーと風俗ワークの比較

トラックドライバーに似たお仕事としては、風俗ワークにはデリヘルドライバーのお仕事があります。

トラックドライバーが精神的にも肉体的にも過酷なお仕事であるのに対して、デリヘルドライバーはとても楽な仕事として知られています。
運転するのは、ラブホテル近くにある待機所からラブホテルまでのごく近距離で、何もしない待機時間にも給料が発生します。

トラックドライバーほどの運転技術は必要ないので、未経験でも問題ありません
普通免許でOKなので今すぐ始められるのも魅力です。

>デリヘルドライバーのお仕事

軽作業・清掃のお仕事

軽作業のイメージ

未経験者大歓迎の短期のお仕事といえば、引越しと並んで王道なのが軽作業です。

軽作業のお仕事の内容は様々ですが、工場や倉庫内で仕分けや梱包、検品、ピッキングを行うといったお仕事がメインとなります。
ラインに入っての作業など、自分に任された事を黙々とこなす仕事が多いです。

清掃のお仕事も、ビルやホテルの清掃、個人宅など様々です。
掃除機を掛けたり窓を拭いたりする通常の清掃の他に、清掃用の大きな機械を操作したりすることもあります。

軽作業・清掃のメリット

女性でも働けるお仕事で基本的には重労働ではありませんので、非力な人でも働くことができます。
軽作業は、自分が担当する業務が中心ですのでコミュニケーションが苦手な人でもこなせます。
清掃は、掃除好きな人であれば好きなことを仕事にできて楽しく業務にあたることができます。

軽作業・清掃のデメリット

軽作業は、勤務時間の間は単純作業を繰り返すので、時間の流れが遅く感じて集中力が切れやすく精神的にとても疲れます。

基本的には重労働ではありませんが男性は力を使うパートの担当になりやすいです。
力を使う単純作業はとても大変で、肩や腰を痛めたり腱鞘炎になったりすることもあります。

短期での募集があるので便利ですが、単純作業なので長く続けてもキャリアアップは望めません。

清掃のお仕事は、毎日ひたすら掃除をし続けるのでいくら掃除好きでも身体に負担がかかります。
無理な姿勢が続いて腰を痛めたり、ひび割れやあかぎれができてしまうこともあります。

楽な仕事は給料は安く、時給で1000円を下回ることも多くあります。
高い給料を望むと、軽作業とは言えない重労働の職場やビルの外窓の清掃のような危険な場所での仕事になります。

軽作業・清掃と風俗ワークの比較

風俗ワークは、単純作業ではないので時間の流れが速く感じて精神的に楽に働けます。
重い荷物を持ったり危険な場所で作業をすることもありません。

風俗ワークも、店舗系のお仕事であれば業務内容に掃除も含まれますが、掃除だけをひたすら行うわけではないので身体に負担はありません。
万が一、怪我をした場合でも、できる範囲内でお仕事を続けることができます。

>受付スタッフのお仕事
>ホールスタッフのお仕事

風俗ワークでも事務やWEBスタッフのお仕事は、経理系の資格をとったりWEBデザインの技能を習得することができます。
一般業種の仕事にキャリアアップすることも可能です。

>事務・WEBスタッフのお仕事

未経験のカメラマンは一般業種で就職するのが難しいですが、風俗ワークであれば未経験でも働けるので経験を積むことができます。

>カメラマンのお仕事

交通誘導のお仕事

交通誘導のイメージ

交通誘導は、道路や工事現場などで人や車がスムーズに通ることができるように誘導するお仕事です。
コンサートやお祭りなどの人が多くいる場所で誘導を行う仕事は、雑踏警備と言います。
どちらも事故を未然に防ぐために必要なお仕事です。

交通誘導のメリット

特別な資格も不要なので未経験から始められ、重いものを運んだりすることもありません。
深夜や早朝など、自分の都合に合わせてお仕事を選ぶことができます。
他人と会話することも少ないので、コミュニケーション能力に不安があっても問題ありません。
時給は1000円程度と高くありませんが、深夜や早朝などの時間であればもっと稼ぐことができます。

交通誘導のデメリット

一人で何時間も立ち続ける必要があり、精神的にも肉体的にも大変なお仕事です。
誘導しないと危険な場所ですので、集中力を保つ必要があり精神的に疲労します。
天気や気温の影響を大きく受けるため、凍えるような寒さの中や倒れそうな炎天下で誘導を行うこともあり体調の維持が難しいです。

また、天気が悪いと工事やイベント自体が中止になってしまい、仕事自体が無くなります。
病気で働けなくなったり天気で中止になったりと、収入が安定しないお仕事です。

頑張って続けても昇進することもありません。

交通誘導と風俗ワークの比較

風俗ワークは、立ちっぱしというお仕事ではなく身体に負担はかかりません
また、他のスタッフや女の子とお話することができるので、孤独を感じることはありません

社員での募集に応募すれば、安定した収入が得られるうえに頑張れば昇進することができます。

>正社員募集のお仕事

警備・守衛のお仕事

警備員のイメージ

警備・守衛は、交通誘導と違って施設などを警備します。
ショッピングモールや商業ビルをはじめ、比較的大きな施設であれば警備員や守衛の人が働いている場合が多いです。
主なお仕事は、出入口に駐在して出入管理を行ったり、監視カメラをチェックしたり、施設内を巡回したりします。

警備・守衛のメリット

深夜や早朝の仕事があるので、自分のライフスタイルに合わせた仕事を選べます。
就業場所によりますが、巡回時や出入りの多い出勤退勤時以外は座っていられることも多いです。
特別な資格は必要ないので未経験で始められますが、時給は高く1000円を超えることが多いです。

警備・守衛のデメリット

交通誘導と異なり、同じ施設で働き続けるので人間関係が壊れてしまうと仕事を続けるのが大変です。
日中の警備では、お客様に話しかけられることもあるのでコミュニケーション能力も必要となります。

巡回は一人で行うため深夜は精神的にきつく、侵入者など不測の事態に遭遇する可能性もあります。
基本的には、何も問題は起こらずに毎日が同じことの繰り返しになるので退屈に感じます。

未経験も働けますが、ガッチリした体型でないと面接で落とされる可能性があります。

警備・守衛と風俗ワークの比較

風俗ワークの受付スタッフやデリヘルドライバーは、警備や守衛と同じようにシフト制で働くことが多く深夜に働くこともできます
お客様や女の子を相手に仕事をするので、同じことの繰り返しにはならず楽しく仕事ができます
お店の業績によっては、大入り手当なども支給されるのでやりがいもあります
怖い思いをすることもありません。

>デリヘルドライバーのお仕事
>夜勤のあるお仕事

引越しのお仕事

引越し業者のイメージ

ガテン系のお仕事の代名詞ともいえるのが引越しのお仕事です。
学生時代に短期で稼ぎたいと思って、引越しのお仕事を経験した人も多いのではないでしょうか。

お仕事の内容は、荷物を運ぶだけ…ではなく、梱包や配置、現場までの運転も行います。
依頼があれば、見積もりや書類の作成も行います。

引越しのメリット

最大のメリットは、丈夫な身体があれば未経験でもしっかり稼げる所にあります。

給与は高く、時給は1000〜1500円程度、日給は9000〜15000円程度です。
日給の場合は、現場が早く終わっても満額貰えるというメリットもあります。
日払い可能となっていることも多く、今すぐお金が欲しいときにも便利です。

お客様からお小遣いを貰えたり飲み物やおやつを貰えたりと、やりがいを感じる瞬間もあります。

引越しのデメリット

身体への負担がとにかく大きく、長く続けると、腰、腕、肩、脚と満身創痍になります。
筋肉や関節だけではなく、指を挟んだり足をぶつけたりと物理的に怪我をすることも多いです。
当然、怪我をするとまったく働けなくなって収入を得ることができなくなります。
現場に当たり外れがあり、特にエレベーターの使えない現場では階段で重い荷物を運ぶので地獄です。

引越しと風俗ワークの比較

出勤が自由という点では、風俗ワークではデリヘルドライバーがおすすめです。

引越しのお仕事の場合は、出勤は自由でも拘束時間は8時間前後と長くなります。
デリヘルドライバーの場合は、決められた時間以上であれば勤務時間を自由に決めることができます。
お店によっては2時間からでもOKです。

身体への負担も少ないので、免許を持っているなら迷わずデリヘルドライバーを選びましょう。
>デリヘルドライバーのお仕事

その他の短期のお仕事をお探しの場合の人にとっても、風俗ワークは最適です。
>短期OKのお仕事

まとめ

今回の特集では、未経験でもガッツリ稼げるお仕事としてガテン系のお仕事と風俗ワークの比較を行いましたが、 皆様はどちらのお仕事に惹かれましたでしょうか。

お金も欲しいけど実は身体も鍛えたい…などといった変わった目的が無ければ、間違いなく風俗ワークだと思います。

男ワークでは、未経験から働ける男性向けの高収入求人情報を多数掲載しております。
風俗ワークを探したいという人は、是非とも男ワークをご利用ください。


関連特集

特集一覧へ