風俗店で働くスタッフの良くある失敗・ミス

風俗店で働くスタッフの良くある失敗・ミス

最終更新日:2017/5/29

質問

風俗業界の仕事に興味があります。
でも、私は少しおっちょこちょいな面があって前の職場でも何回かやらかしてしまいました。
風俗店だとめちゃめちゃ厳しいイメージがあるのですが実際はどうなんでしょう。

回答

風俗業界だからミスに対して特別厳しいかといわれるとそうでもありません。
軽いものならちょっとした注意だけで済むことは多々あります。
しかし、風俗店も直接お客さんとやり取りをするサービス業なので何度も同じ失敗を繰り返さないように気をつけたいところです。
以下に、風俗店で働くスタッフ(ボーイ)の良くある失敗例を紹介します。

よくあるミス・失敗例

・遅刻
入社して日が浅く、緊張感を持っているときは案外大丈夫なのですが、少し慣れた頃に怖いのが遅刻。
1人あたりの仕事の比重が高い小規模店舗や交代勤務がある店舗の場合は他のスタッフに迷惑がかかってしまいます。
目覚ましの数を増やすなどして対応しましょう。

・聞き間違い、案内間違い
電話で応対した際にお客さんの名前や予約した女の子の名前を間違える。
間違いが発覚するのが別の日の場合、面倒を抱え込むのが別のスタッフになってしまうこともあります。
別の作業と平行して電話応対をするなど集中力が欠けていると間違いを起こしやすいです。
最後に復唱するなど確認を徹底しましょう。

・お金の受け取り、受け渡し
お金に関するミスはどんな仕事でも気をつけたいもの。
店頭でお客さんから支払ってもらった料金・おつり、女の子がお客さんから受け取った料金、女の子に払う給料。
受け取る・渡す相手に見えるようにして数えてミスを防ぎましょう。

・HPや情報サイトの更新間違い
料金データ(基本料金・割引情報)、女の子データ(名前、3サイズ)など。
お客さんは参照している情報を間違えるのはトラブルの元です。
料金の書き間違えに納得してくれないお客さんもいますし、女の子データのミスは彼女たちの接客チャンスを失う可能性があるので不信感を抱かれてしまいます。
更新作業後には自分自身で一度確認すると共に、同僚のスタッフにも確認してもらうとミスはかなり減らせます。
風俗店スタッフの心得〜女性キャスト管理〜

・女の子へのコース終了の連絡間違い
男性スタッフは外(ホテル・お客さんの自宅)でサービスを提供している女の子にコース時間が残り少なくなった際に連絡する仕事があります。
この時間を間違えてしまうのです。
連絡を受けた女の子は呼び出し音を無視することもできないので対応するわけですが、サービスが中断しますので女の子もお客さんもテンションが下がって微妙な空気になってしまいます。
連絡する前にいま一度確認してから行いましょう。

風俗店スタッフがやってしまった仕事のミス&失敗談
風俗店のスタッフ求人はこちらから

エリアで求人を検索してみましょう