風俗男性求人 面接のススメ

風俗男性求人 面接のススメ

風俗業界で働こうと考えている男性の皆さん。
男ワークを利用して希望にあったお店は見つかりましたか?
始めて求人応募する方には「予習」、すでにご利用の方には「復習」として
電話・メール・フォームでの応募の手順から履歴書の書き方、面接でのチェックポイントをレクチャー。
スカウトメールの利用方法も紹介します。
ぜひ就職活動を成功させてください。 最終更新日:2013-08-01

電話で応募する

男ワークに記載している電話番号から求人応募・問い合わせができます。その注意点を紹介します。

問い合わせのタイミング
開店直後が忙しいのは一般業種と変わりません。
昼に営業している店舗ならば午後の方が比較的時間が空いていることが多いです。
店舗詳細ページに電話受付時間が記載してあるならその時間に電話しましょう。
名前・要件をはっきり伝える
受付の電話番号がお客さん用の番号と同じという店舗も少なくありません。
始めにしっかり「男ワークを見ました、求人募集の件でお電話させていただきました××です」などと名前と要件を伝えましょう。
はきはきと喋りましょう
緊張すると早口になりがちなので、ゆっくりと丁寧に話すことを心がけましょう。
電話は手短に
要領よく手短に内容を伝えるようにしましょう。
自分のプロフィールや希望職種など聞かれることがあるのであらかじめ準備しておきましょう。
確認しておきたいことがあるならこれも事前にメモなど用意してスムーズに面接の約束を取り付けましょう。
非通知着信拒否は解除しておきましょう。
非通知設定や知らない番号から掛かってきた時も、採用担当者からの連絡の場合があります。
携帯で電話する際の注意点
携帯でかける場合は、電波状況がよく、周囲が静かなところからかけるようにしましょう。

求人応募メールの注意点

求人応募メール
希望職種、希望地域を明記しましょう
お店によっては、複数地域・複数職種を募集している場合があります。希望する条件は伝えておきましょう。
自己紹介をしっかり書きましょう
年齢・経験の有無・自家用車の有無・もっている資格など。
希望や質問があれば、書いておきましょう。
勤務開始日、シフト、求人データに記載していることについてなど。
メールの文面も気をつけましょう。
お店の担当者は友達ではありません、なれなれしい文面、ぶっきらぼうな文面などは採用担当者の心象が悪くなります。
一般業種の会社へ面接のお願いをする気持ちで文面も書きましょう。
メール指定受信は解除しておきましょう
採用担当者からのメールがPCから発信された場合、指定受信が設定されていると受信できないことがあります。
指定受信の解除方法は各携帯の説明書を参照ください。
メールの返信が無い場合
メールが正常に送信されていないことが考えられます。
その場合は直接電話して見ましょう。
電話の際「○月○日の××時××分頃にメールさせていただきました」としっかり伝えましょう。

スカウトメールのメリット

応募者側
・待っているだけで仕事探しが出来るので現在仕事をしている人に便利。
・オファーを待ちながら『男ワーク』での通常の問合せも可能なので効率的に求職活動が出来る。
・スカウトメール内で連絡が取れるので電話番号・メールアドレスを知られずにすむ。
店舗側
・希望職種、希望業種、資格などの採用条件を満たした人にピンポイントで連絡出来るので時間の節約になる。

履歴書の書き方

履歴書の書き方
A.日付
・履歴書を書いた日を記入してください。(提出直前の日)
・持参する場合は、当日の日付を記入します。
B.写真
・服装はフォーマルなもので、3ヶ月以内に撮影したものを使用してください。
・清潔で明るく見えるような髪形や表情を心がけましょう
・スナップ写真は使わないようにしましょう
C.現住所、連絡先、電話番号
・都道府県から、建物の名称、部屋番号まで省略せずに記入しましょう
・フリガナは漢字のみに付けましょう
・電話番号は携帯電話でもかまいません。必ず一つは記入しましょう。
D.学歴・職歴
・学歴の1行目には『学歴』と記入しましょう。
・学校名や学部、学科名は省略せずに記入しましょう
・小中学校を記入する場合は卒業年度のみでかまいません
・職歴の1行目には『職歴』と記入しましょう。
・入社した会社を全て記入しましょう
・基本的にアルバイト暦は記入しませんが、アピールに繋がるものであれば記入してもかまいません
・職歴のあとに賞罰を記入しましょう。特になければ次の行に『なし』と記入します。
履歴書の書き方
E.免許、資格
・取得している免許・資格は全て取得年月順に記入しましょう。
・免許・資格名は省略せずに正式な名称を記入しましょう
F.自己PR、志望の動機、本人希望記入欄
・面接時に質問されても答えられるようにしておきましょう。
・「空欄」や「特になし」はないようにしましょう。
・自己PR欄では、自分自身の実績や能力、仕事に対する思いなどをアピールしましょう
・志望動機は「今までの経験を踏まえてこういった仕事がしたい」と書くようにしましょう。
・本人希望記入欄は、職種や勤務地、勤務時間などを書くのが一般的です。

面接のポイント

面接の場所・時間を確認しておく
遅刻は厳禁です、それだけで不採用になる可能性があるのは風俗業界でも変わりありません。
仕方なく遅れる場合は必ず電話で連絡しておきましょう。
場所の確認はHPや求人サイトに掲載されている地図情報を見るか、近場であれば一度近くまで行ってみるのも良いでしょう。
必要な書類を用意しておく
特にお店から指示の無かった場合は問題ありませんが履歴書など必要だといわれた書類を持参しないのはマイナスです。
特に指示が無くとも自分のPCスキルなどをアピールしたい場合は資料を持参すると良いでしょう。
口頭で説明するよりも説得力が増して、採用確立がアップします。
服装は指定が無い場合が多いがスーツが無難
面接時の服装はあまりこだわらないお店が多いですが必要以上に派手な服装やだらしない格好は止めましょう。
何を着ていけばいいのか事前に確認しておけばいいのですが、それが出来なかった場合はスーツで問題ありません。
面接担当の目を見て話す・聞く
風俗店の男性スタッフの仕事で多いのは受付スタッフの仕事です。
面接の際にその適性を見られているといっても過言ではありません。
相手の目を見て話ができない人はお客さんと対面した時にも同じようなことになってしまう可能性が高いと判断されます。
接客業においてそれは致命的です、ずっと凝視する必要はありませんが「あなたの話を聞いている」「あなたに話しています」という意思を伝えるためにも心に留めておきましょう。
はきはきと喋る
特に出張型の風俗店ではお客との対応が電話のみになるので会話スキルは重要です。
受付の対応が良くないことが店の売上の減少につながるというのは過言ではありません。その分、お店の担当者は良くチェックしています。
伝えるべきことはしっかり伝え、聞くべきことはしっかり聞く
まず、自分の都合(シフト・出勤開始日・入寮の件など)はしっかり伝えましょう。
仕事を始めた後から働けない曜日・時間がある、などと告げられてもお店側は困るだけです。
逆にお店側に確認しておきたいことは聞いておきましょう。
確認しないまま働き始めて『話が違う!』などということにならないようにしましょう。
面接中の飲食・喫煙はNG
「そんなことする人がいるの?」と思ってくれる人が多いと安心なのですが、中にはいるのです。
持参した飲み物を合間に飲んだり、お店側の担当者に断りも無く煙草を吸う。
風俗業界の面接を甘く見ている人が不採用になったことは想像するまでもありません。

お店からのコメント

新宿歌舞伎町のデリバリーヘルスC店
ナイトレジャー業界は不景気に強く安定した収入が期待できます。
そして、実力・経験をつければつけるほど収入として自分に跳ね返ってきます。
新たな事業展開・新店舗オープンなどチャンスはますます広がります。
業界経験・未経験問わずに、真面目で一生懸命考える貴方をお待ちしております。
是非短期間での昇給・スピード出世を体感してください。

渋谷のホテルヘルスZ店
企業にとって最も大切な財産は人です。
だからこそ社員を大切にし、社員の能力を引き出せる企業でありたいと考えております。
また、風俗業界とはいえ社員全員が将来設計をしっかり立てることのできる企業、
『生涯働ける企業』という目標を胸に社員全員が安心出来る職場環境を心掛けております。

横浜のファッションヘルスY店
高収入を求める皆さん、当店では頑張るスタッフに給料の出し惜しみはしません。
利益からドンドンボーナスとして還元。
さらに定期的に昇進・昇給を設けて、年齢・経験など関係なく高い役職へ上っていただきます。
情熱とヤル気で十分結果が出る職場です!