関西でラブホテルのスタッフになって働こう!

関西でラブホテルのスタッフになって働こう!

男性のナイトワークは、風俗店スタッフとホストばかりではありません。
ラブホテルのスタッフも、とても魅力的なお仕事です。
今回の特集では、ラブホテルスタッフの仕事内容や、ラブホテルのあるエリアについて解説します。
実際に働いている人の声も集めてみました。

最終更新日:

ラブホテルのスタッフってどんな仕事をするの?

ラブホテルの看板

ラブホテルによく行く方はお分かりかと思いますが、ラブホテルは入って出てくるまでスタッフに会わないことが多いです。
それは通常のホテルとは違い、とてもプライバシーに気をつかっているからです。
でもスタッフを見かけないので、実際にどのような仕事をしているのか分かりにくいですよね。
まずは、簡単に仕事内容を説明します。

ラブホテルのスタッフが行う仕事は主に下記の3つです。

フロント業務

接客・会計・電話対応・コスプレなどの備品の管理など様々なことを行います。

通常のホテルと同様に、チェックイン時に鍵を渡したりチェックアウト時にお会計をするのが接客業務です。
ラブホテルによっては、入口で部屋を選んだらそのまま入室して出る時に室内の精算機で会計を済ませるので、接客がない場合もあります。
その場合でも、ルームサービスやトラブルなど客室から連絡が来ることがあるので、まったく接客がないわけではありません。

酔っ払いの対応などで精神的には楽とは言えませんが、待機している時間が多いので肉体的には楽な業務内容です。

ルームサービス

お客さんから飲食物の注文があったり、コスプレやアダルトグッズの貸出等の要望があった際に用意して客室に届けます。
頻繁にあるわけではないので、ルームサービスはフロントスタッフが兼任することが多いです。

客室清掃

シーツの交換・アメニティの補充・浴室やトイレの掃除など、通常のホテルと同様の掃除を行います。
床やソファーに体液の付着があるなど、ラブホテル特有の汚れがあるので慣れるまで大変です。
汚れを残さないよう確実に掃除する必要がありますが、回転率を上げるためにスピードも求められます。
それなりに気力も体力も使う仕事ですが、待機時間もあるのでそれほど大変な部類ではありません。

ラブホテルの仕事について詳しく知りたい方は、こちらの『風俗はてな』をご覧ください。

関西のラブホテル街の紹介

ラブホテル街のイメージ

ラブホテルは密集してラブホテル街を形成することが多いです。
それには様々な理由があります。

1つは法律で建てやすい地域と建てにくい地域がある点です。
たとえば、学校の近くでは建てられないなどのルールがあるため、住宅街に建てるのは難しいです。
かといって人がまったく立ち寄らない場所にラブホテルを建ててもお客がきません。
高速道路の出口や繁華街に近い川沿いにラブホテルが多いのは、これらが理由です。

他に、昔から歓楽街だった土地にも多いです。
戦前の遊郭や戦中戦後の赤線青線地帯(売春が行われていた地域)などはそのまま現在も歓楽街となっていて、既にあった連れ込み宿のような所がラブホテルになっています。

それでは、実際に関西ではどのような所にラブホテルがあるのか見ていきましょう。

堂山東通

戦前戦後の頃から栄えているからエリアで、堂山から兎我野町にかけては風俗店やラブホテルが多くあります。
このエリアは洗練された大都市『大阪キタ』にありながら、大阪屈指のディープタウンです。
堂山は新宿2丁目に次ぐ西日本最大のゲイタウンとしても知られています。
ゲイタウンといっても、実際はゲイだけにとどまらず様々な趣向の人が集まる街でLGBTに寛容な街とも言えます。

宗右衛門町

宗右衛門町は、江戸時代から栄えている400年の歴史がある繁華街です。
戦前には遊郭のある南地の花街として栄えました。
戦後は、バーやスナックが多くなり大阪屈指の歓楽街として現在に至ります。
キャバクラやホストクラブなどが多くありますが、風俗店やラブホテルは多くありません。

心斎橋・アメ村

心斎橋は、かつて長堀川に架かっていた橋の名前で、現在は大阪ミナミを代表する繁華街です。
心斎橋は長堀川が埋め立てられた際に無くなりましたが、陸橋として一時期復活しました。
現在は陸橋も撤去されてしまいましたが、跡地には今も心斎橋の名残が残されています。
映画『ブラック・レイン』では、当時の陸橋が映るシーンがあります。
心斎橋の東には東心斎橋、西には西心斎橋という住所がありますが、心斎橋という住所は存在しません。
アメリカ村(アメ村)は、西心斎橋にある若者に人気のエリアです。
元々は倉庫などが多くある業務地区でしたが、1980年代になって雑貨店や古着屋などが集まってきて若者文化の発信源となりました。
アメリカ村の南側、道頓堀方面に行くとホテル街があります。

新大阪・西中島

新大阪は、大阪府内では唯一の新幹線駅となっていて北の玄関口となっています。
新大阪駅の南に位置する西中島南方駅・南方駅周辺は、オフィス街やグルメスポットとして有名です。
しかし、なによりもキャバクラ・風俗・ラブホテルなどが集中する歓楽街として名を馳せています。

堺東

堺東は、大阪第2の都市である堺市の中心です。
堺は古くから鋳物の文化があり、戦国時代から江戸時代のころは鉄砲や刀の製造で栄えました。
ラブホテルは、駅周辺ではなく少し西側に歩いた所の阪神高速沿いにあります。

兵庫・姫路

姫路は戦国時代に栄えた街で、豊臣秀吉が建てた姫路城が有名です。
ラブホテルは、姫路駅から南西に伸びる船場川沿いに数件立ち並ぶ場所がありますが、それ以外はラブホテル街と言える場所はありません。

京都

京都は、かつて日本の首都があった歴史と伝統の街です。
今も歴史ある建造物を観光するために、多くの人々が訪れます。
あまり知られていませんが、実は京都には関西最大級のラブホテル街が存在します。
その場所は、観光スポットに行く際にも利用される『京都南インターチェンジ』です。
件数自体は難波の方が多いですが、京都南インターチェンジはラブホテルが密集していてまさに街を形成しています。

ラブホテルのスタッフに話を聞いてみた!

ラブホテルのスタッフ

やりがいはありますか?

清掃スタッフのシルエット

清掃スタッフ

Aさん(心斎橋エリア勤務 36歳)
やりがいというか、汚れた部屋を綺麗にするのは達成感がありますね。
テキパキ仕事して、忙しい時間を乗り切った時なんかは最高です。

楽しいことはありますか?

清掃スタッフのシルエット

清掃スタッフ

Aさん(心斎橋エリア勤務 36歳)
部屋に入る時は、他人の秘密を覗く感じがしていつも楽しいですね。
どうしたらこうなるんだろう?これは何のあとだろう?とか(笑)
Bさん(難波エリア勤務 32歳)
忘れ物が結構あるので、宝探し的な楽しみもあります。
忘れ物はしばらく保管してますが、あまり取りに来られませんね。

フロントスタッフのシルエット

フロントスタッフ

Cさん(難波エリア勤務 41歳)
どんなカップルなのか見るのが楽しいです。
アンバランスなカップルとかは、どんな関係か想像しちゃいます。
もちろんジロジロは見れないので、チラ見です。

嫌なことはありますか?

清掃スタッフのシルエット

清掃スタッフ

Aさん(心斎橋エリア勤務 36歳)
やっぱり限度を超えて部屋が汚いときは、ちょっとへこみますね。
だいたいは綺麗に使ってくれてますが、稀に体液・排泄物・吐しゃ物・血液などがべっとり…。

フロントスタッフのシルエット

フロントスタッフ

Dさん(京都エリア勤務 51歳)
接客業務なので、酔っ払いや横柄なお客様の対応は嫌になります。
酔いつぶれてる女の子が連れてこられてるのを見ると、良心が痛みます。

腹が立つことなどはありますか?

清掃スタッフのシルエット

清掃スタッフ

Eさん(京都エリア勤務 29歳)
お風呂で脱糞するのは本当にやめて欲しいですね。
掃除するのが大変で怒りがこみ上げてきます。

フロントスタッフのシルエット

フロントスタッフ

Cさん(難波エリア勤務 41歳)
警察とか救急車を呼ぶはめになると腹が立ちますね。
行き過ぎたプレイで怪我をしたり気を失ったり、ドラッグやお酒で意識がなくなったり、結構あります。

ラブホテルスタッフの仕事をして良かったことはありますか?

清掃スタッフのシルエット

清掃スタッフ

Bさん(なんばエリア勤務 32歳)
短時間で綺麗にする掃除のテクニックが身につきました。
どこを掃除すれば綺麗に見えるのか?どこは手を抜いても大丈夫か?など自宅でも活用してます(笑)

フロントスタッフのシルエット

フロントスタッフ

Fさん(堺東エリア勤務 33歳)
なんといっても人生経験が積める点です。
ラブホテルの仕事自体がなかなか出来ない経験ですが、同僚との会話がとても面白いです。
ラブホテルのスタッフは結構破天荒な方が多いので、お話するだけで人生経験が豊かになります。

ラブホテルのスタッフがオススメな理由

ラブホテルの部屋のイメージ

ラブホテルをオススメする理由は2つあります。

まず、最大の理由は『しっかり稼げる』という点です。

ラブホテルスタッフの給料は、一般の仕事よりは高いですが風俗ワークなどと比べると低いです。
しかし、24時間交代の勤務の所が多くあるので、日給はとても高くなります。
長時間勤務にはなりますが、仮眠の時間や待機の時間があるので肉体的に大変ではありません。
浪費癖がある人でも24時間交代の仕事だと、お金を使うタイミングがなくしっかり稼ぐことができます。

そして、もう1つのオススメする理由は『楽しい』という点です。

終電前やチェックアウトの時間などは忙しくなりますが、それ以外の時間は楽しく仕事ができます。
アメニティの準備などの仕事もありますが、おしゃべりしながら行うことが出来ます。
完全な待機中はおやつを食べたりスマホで遊んだり仮眠したりと自由な所が多いです。
仕事仲間に恵まれればとても楽しい仕事です。

ラブホテルスタッフ求人リンク

ラブホテルスタッフの仕事に興味がある方は実際の求人情報をチェックしてみましょう。

エリアで絞り込む

関西以外でラブホテルスタッフ求人を探す


関連特集

特集一覧へ