風俗店スタッフに聞く!私がこの店を選んだ理由

風俗店スタッフに聞く!私がこの店を選んだ理由

男性スタッフを募集している風俗店は数百、数千店舗あります。
数多くの求人情報の中からどの店舗を選択すれば良いのか。
そのヒントになる情報を現在働いている男性スタッフに話を聞きつつまとめました。

「風俗店の数が多すぎてどこが良いのかわからない!」と迷われている方は、この特集を見て、自分にあった最高の仕事場を見つけてください! 最終更新日:2013-02-01

老舗風俗店だから

男性

風俗業界は本当に弱肉強食の厳しい世界。
そこで長年営業しているお店にはやはり安定感・安心感を感じられます。
風俗業界に踏み出そうと考える男性は上昇志向・成り上がり精神を持つ人が多いのですが、だからと言って安定を求めないわけではありません。
お店を選ぶ基準として至極真っ当な意見でしょう。
参考特集:老舗風俗店特集

◆ホテルヘルス勤務 Iさん(33歳/主任) 男ワークの募集を見て老舗の店舗で安心して働けそうだったので決めました。
実際のお店はびっくりするくらいキレイでした。

新規オープン店だから

男性

先ほどの老舗店とは全くの逆です。
風俗業界にも所謂オープニングスタッフを求める人が多いようです。
横並びのスタートで先輩スタッフがほぼいない。
上下関係の煩わしさを感じることなく仕事が出来ます。

◆デリバリーヘルス勤務 Hさん(28歳/社員) まだ開店して間もないお店なのに、大阪でトップクラスの繁盛店だと聞いたことがありました。
事実、某有名風俗情報サイトのランキングでも常にトップ5に入っていたので間違いないと確信しました。
自分もそんなお店で働き、もっとスキルUPしていきたいと思ったのが選んだ理由です!

電話の対応が丁寧だったから

電話する男性

上記2つとは異なり、応募段階において決め手となった要素。
風俗業界にはやや乱暴・粗野なイメージがあるので電話連絡する側は少なからず不安を感じています。
だからこそ、丁寧で紳士的な対応をしてもらえると就業を決める大きな決め手となるのです。
電話対応は風俗店の評判を左右する上で最も重要な要素の一つです。
それを理解・実践しているお店ならば求人応募者だけでなく、お客からの評判も良いでしょうから稼げる可能性が高くなるでしょうね。

◆ホテルヘルス勤務 Nさん(30歳/広告担当) 電話対応、面接での対応が本当にきっちりしていたので。
風俗のイメージは全く無く一般企業のような感じでした。
給料や休みの説明も細かくしてもらいました。
他のスタッフの方も感じが良く風俗業界で働く事にためらっていた自分でも「ココなら大丈夫」という安心感が得られました。

◆デリバリーヘルス勤務 Iさん(28歳/店長) 求人応募の電話対応が親切で、とても対応が良かった。
ここのお店ならガッツリ稼ぎ、自分のやる気をしっかり見てくれる会社だと思いました。
実際にその通りで頑張ったら頑張った分だけお給料に反映していただけました!

お店の雰囲気が良かった

肩を組む男性

風俗業界に限らず職場(お店)の雰囲気は働く上でとても重要です。
いくら収入が高くとも、毎日ストレスを感じていては長続きしません。
単なる仲良しだけではだめですが、お互いに成長を促せる関係性が望ましいでしょう。
ひとつ問題があるとすれば、それは「求人情報だけではなかなか読み解けない」こと。
面接時に周囲を見渡してチェックしておきましょう。

◆ホテルヘルス勤務 Kさん(34歳/主任) スタッフのみなさんがとてもアットホームで働きやすそうだったからです。
業界未経験だから不安でしたが、ここなら大丈夫かも、と思いました。

稼げそうだったから

男性

男性も女性も風俗店で働くのは何のため?
それははやり「お金」でしょう。
応募先を選ぶのもやはりそこがメイン。
特に気になるのは初任給の高さ。
月給30万、40万と夢のある金額が並びます。
一般企業での面接時にお金の話をするのはあまり好まれませんが、風俗業界では特に気にする必要はありません。
やる気の表れとして「稼ぎたい」という意思を伝えましょう。

◆ホテルヘルス勤務 Yさん(30歳/マネージャー) 広告を見て、本当に魅力のある会社だと感じたからです。
特に、やったらやった分だけ報酬を貰えるという点に惹かれました。

その他、求人探しのポイント

現役スタッフの方から聞けたその他に参考になるポイントを紹介。

お店のHPをチェック

今やHPを持つのは当たり前。
どのように運用しているのか営業用(お客用)のページをチェックしましょう。
見た目はちゃんとしているか、誤字脱字等がないのか。
更新はされているのか、などなど。
女の子の在籍数・出勤数などをチェックして大よその規模や忙しさも計れます。

とにかく、面接してみる

掲載されている求人情報だけですべてを判断する必要はありません。
面接時になってから分かることは多いです。
もし、面接のやりとりで不安が増したり自分には合っていないことが分かったら遠慮することはありません、お断りしましょう。
業界が業界だけに断れないイメージを持つ人もいますが、気にする必要はありません。

⇒条件を設定して実際に求人を探してみましょう

関連特集

特集一覧へ