未経験でもOK!風俗業界でクリエイターになろう!

未経験でもOK!風俗業界でクリエイターになろう!

「カメラマン」「WEBデザイナー」「企画」といった“クリエイティブなお仕事”は、求人広告をみると普通は経験や専門的な知識が無いと応募できません。
しかし、風俗業界なら未経験・無資格でも応募する事が可能です。
女性キャストの写真やWEB広告など、風俗店の重要なポジションを担う「クリエイティブ職」の仕事内容やメリットを紹介します! 最終更新日:2017-12-25

自分の「好き」を活かした仕事につこう

特殊なスキルや経験が必要となる「クリエイティブな仕事」。
風俗業界では「カメラマン」「WEBスタッフ」などがこれに該当します。

「クリエイティブ職」というと皆さんはどんなイメージを抱きますか?
魅力や憧れを持つ方もいれば、「技術や経験が必要」「大変そう」「給与が安いのでは?」といったマイナスイメージを持っている方も少なくないのではないでしょうか。

風俗業界は“未経験でもすぐに働ける”というのはある程度知られている事だと思いますが、なにもそれは店舗スタッフに限ったことではありません。
一般企業では職務経験が必須とも言えるクリエイティブ職でも、風俗業界なら経験が全く無くても働けます!

それぞれの仕事内容を解説!

風俗業界のカメラマン

風俗業界のカメラマンの仕事 ホームページや広告に使用する写真、女性キャストの宣材写真などを撮影します。
風俗店の場合、撮影だけではなくデータを修正する作業(身バレを防ぐためのモザイク修正など)も含まれている場合があります。
そのため、フォトショップなどの画像加工ソフトが使えると応募時や待遇が有利になります。
また、風俗業界のカメラマンは人物写真を撮ることが多いので、女性キャストの子たちに対するコミュニケーション能力がある程度求められます。
スタジオや機材などは最初から充分なモノが用意されているので“未経験でカメラマンを始めたい”という人にはうってつけな環境だと言えるでしょう。

ほとんどのお客様は、宣材写真をみてお店を選んだり女の子を選んだりします。
風俗店にとっては、女性キャストの宣材写真が集客のためにとても重要になってきます。
しかし、加工をしすぎてしまい宣材写真が別人のようになると『パネマジ(パネルマジック)』と言われ、お店の信用が無くなってしまいます。
今はインターネット上でお客様同士で情報が共有されるので、お店としては死活問題です。
風俗カメラマンは、女性キャストの素材はそのままで魅力を最大限に引き出す必要があり、その技術が身に付きます。
風景ではなく人物を撮るカメラマンを目指すのであれば、風俗カメラマンは場数も多く踏めるので最高の修練の場所となるでしょう。

関連特集 風俗店カメラマン(撮影スタッフ)特集
風俗店カメラマン(撮影スタッフ)特集のバナー画像

カメラマン募集中の店舗

風俗店のWEBデザイナー

風俗店のWEBデザイナーの仕事 お店のHPや、WEB広告の作成などを担当します。
風俗店のHPや広告は一番人の目に触れる部分なので、WEBデザイナーの成果がお店の売上に直結すると言っても過言ではないほど重要なポジションです。
HTMLなどのHP作成関連の知識や、オフィスソフトの使用経験、フォトショップなどの画像編集ソフトのスキルがあれば就職にはかなり有利。
どれも使ったことがない!という方でも、しっかり研修を受ければすぐ覚えられるので問題ありません。
店舗ではなくグループの本社などで勤務する場合がほとんどで、風俗業界にありがちな深夜などのシフトに振り回されることなく、自分の生活リズムを維持したまま働けるというのも特徴もあります。
受付スタッフなどに比べると給与手当ての種類が少ないという部分もありますが、技術を身につければその分能力給としてプラスされます。
稼ぎたいという方は“どんどん自分から知識を学んでいく姿勢”が重要になってきます。

風俗店の企画職

風俗店の企画職の仕事 風俗店といえば多彩な企画イベントが連日行われています。
そんなイベントの案であったり、求人広告の見せ方を考えるのが企画職です。
風俗業界はいわゆる「風俗が好き」な方が受かりにくい業界ですが、企画職に限っては「風俗が好き」「風俗に理解がある人間」が実力を発揮できる職種。
風俗業界に深い知識があることはもちろん、お客さんが求めるものは何かを常に考え、ライバル店などの動向を把握し、今後のトレンドを予測する力も求められるポジションです。
社内だけでなく社外の人間とのやりとりも多いため、コミュニケーション能力は必須ですが、自分のやりたいことをどんどん発案していけるので自由度が高く、自分の裁量で仕事を進められるので“仕事にやりがいを求める”方にはうってつけ。

風俗業界でクリエイティブ職につくメリット

風俗業界でクリエイティブ職につくメリット

すぐにスキルアップできる

技術職、専門職は実際こなした仕事の幅と量が、その人のスキルを作ります。
風俗業界というのはどこもかしこも人手不足な業界なので、通常なら下積みをしてから任されるような仕事をすぐに担当することが多いです。
難しい部分が出てくることもありますが、そういった部分は先輩たちと相談しながら作業できるのでスキルアップにはちょうどいい環境ともいえるでしょう。
スキルアップしたいと考えているならば、これ以上の環境はなかなかありません。

昇給が早い

また、風俗業界は一般企業に比べて、昇給、昇格のスピードが速いことが特徴。
一般企業のクリエイターとしての仕事で働く人が、風俗業界に転職すると半年から1年程度で今までより遥かに高い給与を得ることはめずらしいことではありません。
スキルが上がれば能力給もつきますし、管理職になれば十分な手当てが貰えます。

スキルを積んで独立も

管理職を目指さなくとも、フリーランスの需要がある職種ですので、スキルを積んだら独立して稼ぐことも可能です。
独立してもそれまで勤めていた会社からはある程度仕事が見込めますし、独立したからと言ってイチから仕事を探して走り回る必要はありません。
そこから更に稼ぎたいと思うならある程度の努力が必要ですが、会社在籍時に社内、社外で交流を取っておけば仕事を紹介してもらえる可能性が広がります。
独立を目指す場合でも人間関係は大事にして、今後に繋げられるような働き方を意識しましょう。

関連特集 未経験でも安心!研修・体験制度があるお店 関西版
未経験でも安心!研修・体験制度があるお店 関西版のバナー画像