風俗業界でも使えるリピーター獲得のテクニック

2016/7/29

風俗店の収益で大きな割合を占める「リピーター」の獲得は経営を安定させ、さらに拡大していくためには必須事項です。
そのためにはまず、新規のお客様にお店を気に入ってもらわなければなりません。
初めてのお客様がどのような基準でお店を選ぶのか、何を感じればもう一度利用してくれるのかを知ることで長期的な顧客「リピーター」の獲得を目指しましょう。

新規のお客様がリピーターになる瞬間


例えば人は、安くて不味い料理を食べたときには、まぁこんなものかと思うでしょう。
高くて美味しい料理を食べたときにも満足感は強いでしょうが、当然と思うはずです。
しかし、安くて美味しい料理を食べたときの喜びは高くて美味しい料理を食べたときよりも強いのです。
料金を安くすればいいということではありません。
つまり、支払った料金に対して、より大きな満足感を得た瞬間、そのお客様はリピーターになるのです。

お客様が満足感を高めるポイント


キャバクラの付け回しのテクニックとして、新規のお客様には最初に人気のキャストを付けるというものがあります。
いくつか理由はありますが、一番重要な理由は"第一印象を良くすること"です。
人気のキャストであれば新規のお客様に不快感を与える不安はまずありませんし、人気であればあるほど指名の確率も高く、指名してくれればキャストにとってもお店にとっても得です。
風俗店でも同じようなことが言えます。
キャバクラの第一印象は最初に付けられたキャストで決まるといっても良いですが、風俗店の場合は受付スタッフの接客態度もよく見られています。
サービス終了までを通して第一印象になりますので、全て人気キャスト任せというわけにはいきません。
せっかくキャストが持ち上げてくれた良い印象を崩さないよう、最後まで気を抜かない接客を指導しましょう。

リピーター獲得率をぐっと高める具体案


・初回と2回目以降で接客の対応を少し変える
人は大きな買い物をした直後が一番後悔しやすいと言われており、これをバイヤーズリモースと言います。
多くの人は初めてお金を使うときに第一印象を重視するため、お金を使ったあとに冷静になって、本当に良かったのか?と考えてしまうためです。
ですから、初めて来店されたお客様に対してはできるだけ後悔させないことが重要です。
できるだけお客様の希望に沿った遊び方ができるよう、丁寧に話を聞き、サービスやキャンペーンの説明を手間と思わずしっかり理解して説明することでお客様に十分納得して遊んでもらうようにしましょう。
2回目の来店があるということは初回のサービスに満足し、お店に好印象を持ってもらえているはずです。
ですがお店に関する詳しい知識はまだ無いので、このタイミングでお店の良いところや他と違う点を詳しくアピールすればお客様もお店のことをよく理解でき、リピーターになる可能性がぐっと高まります。

・定期的に連絡を取る
お客様が来店されなくなる理由のひとつに、お店のことを忘れてしまうというものがあります。
風俗で遊びたい、と思ったときに浮かぶ店名の中にあなたのお店が無ければ、そもそもリピートされないのです。
逆にお店の名前を思い出してもらえれば、そこそこの確率でリピートされます。
お店の名前を忘れられないためには単純に、定期的または頻繁に連絡するという方法が最も確実です。
メールマガジンやLINEなどのSNSの配信を通じてお店のことを覚えてもらうようにしましょう。

・アンケート用紙を用意する
顧客満足度を調査するにあたって最もポピュラーなのはアンケートです。
よくあるアンケートは3〜5段階程度の満足〜不満足をチェックシート式で用意されています。
ここで選択肢を用意するだけではなく、自由回答式の欄を設けることで意外な改善点を見つけやすくなります。
注意すべきは、各質問への評価だけではなく、総合評価やリピート意思についての項目も用意しておくこと。
この項目があることで、どの要素の満足度が高ければ総合評価やリピート意思が高まるかということを調査できます。
アンケートの回答は手間の掛かるものなので、ただ置いておくだけでは回収率が低くなります。
次回利用可能なクーポンを付けるなどで回答することに価値を付けたり、女の子から直接アンケートを渡してもらうことで回答しやすい状況を作れば回収率を上げられるかもしれません。


お客様の満足度を高めるには並々ならぬ努力が必要ですが、不満足という評価はほぼ一瞬で決まってしまうものです。
どれだけ接客に慣れたとしても初心を忘れず、丁寧な接客を心がけることで何度もリピートしてもらえるお店作りができると良いですね。