思わぬ適性発見!採用基準の見方を変えてみる?

2016/5/5

スタッフの定着率を高めるためには採用の基準についても見直してみてください。
一般的な採用基準ではスキルセットや年齢、人柄などを見ますが、風俗業界ならではの意外な基準を設けることで今までは見逃していた貴重な人材を確保することができるかもしれません。
いくつか例を見てみましょう。

接客業の経験者
アルバイトの代表とも言えるコンビニバイトであれば多くの人が経験していると思います。
接客業務に問題が出にくく、またお客様からの理不尽なクレームにも対処できる可能性が高いと判断できます。

コールセンターアルバイト経験者
激務&高時給で知られるコールセンターアルバイト経験者は電話対応能力は抜群。
シフト制勤務やクレーム対応などにも慣れており業務指導がほとんど必要ありません。

最終学歴:中卒
風俗業界は学歴を重視しない業界だ・・・という先入観で学歴の部分を見ていないなんてことはありませんか?
高学歴だからどうということはあまりない業界ですが、中卒の上で就職先に風俗業界を選んで応募してくれるような人材はやる気のかたまりと判断することができます。

趣味や特技がパソコン関係のこと
趣味で頻繁にパソコンを触っているような人材であれば、例えやっていることが動画配信を見るだけやパソコンゲームをするだけでも"パソコンを触ることに抵抗がない"WEBスタッフに向いた人材だと言えます。


すぐに仕事を辞めてしまう原因の多くは育成段階で躓いてしまうことです。
意外なポイントに注目することで適正のある仕事を振ることができれば役に立っているという実感も得られ、長続きしてくれることでしょう。