職場環境を改善し、スタッフの定着率を高めよう

2016/4/15

風俗業界の店を預かるものとして、スタッフの人手不足は大きな悩みのタネだと思います。
男性スタッフが充実していなければ店の発展・繁盛・拡大はありませんし、お店自体も長続きしないものですが、この業界は気軽に辞めてしまう人が少なくありません。
今回はできるだけ離職率を低くするためにお店側ができる、長く働いてもらえる職場環境の作り方を考えてみましょう。

労働条件・待遇を良くしよう。


風俗業界で働こうと思う人材が最も求めている待遇とはなんでしょうか?
ほぼ100%、給料の多さでしょう。
風俗という業界をナイトレジャーとして真剣に考える人も中にはいますが、絶対数は少ないと考えるべきです。
基本給を多くすることは難しいですが、成果報酬などはモチベーションのアップに大きく貢献する要因です。

コミュニケーションは大切、それもできるだけ仕事の時間内で。


風俗業界にはどうしても"怖い"という印象が付きまといます。
それは今後業界全体が少しずつ改善していくしかないことですが、せっかく入社してくれた新入社員にはできるだけ早い段階で"そうでもなかった"という印象を持ってもらいましょう。
そのためには個々の関係作りが大切になるのですが、、コミュニケーションが大事であることを伝えると非常に多くの方が飲み会などお酒の席や、仕事時間外で付き合いを深めようとしてしまいます。
そこそこシニア世代であればあまり問題はないのですが、若い社員の場合は仕事時間外での拘束を嫌う傾向にあり、それが原因で辞めてしまうこともあり得ます。
そのため、できるだけ仕事の時間内で少しの会話を行うよう心がけたり、デスクを質問しやすいような配置にするなどの工夫が必要です。

事務所など常駐する場の環境は重要。


1日の多くを過ごすことになる職場がそもそも居るだけで不快になるような環境ではいけません。
冷暖房設備などの空調、証明や騒音などに気を配りましょう。
トイレなど水場の衛生面は特に気を付けなくてはいけません。
また、嫌煙家にとって受動喫煙は一発アウトの事案なので、もし喫煙場所が区切られていない場合は早急な改善が必要になります。

求人特集:仕事の楽しさは人間関係の中にあり
◆労働条件・待遇を良くしよう。
風俗業界で働こうと思う人材が最も求めている待遇とはなんでしょうか?
ほぼ100%、給料の多さでしょう。
風俗という業界をナイトレジャーとして真剣に考える人も中にはいますが、絶対数は少ないと考えるべきです。
基本給を多くすることは難しいですが、成果報酬などはモチベーションのアップに大きく貢献する要因です。

◆コミュニケーションは大切、それもできるだけ仕事の時間内で。
風俗業界にはどうしても"怖い"という印象が付きまといます。
それは今後業界全体が少しずつ改善していくしかないことですが、せっかく入社してくれた新入社員にはできるだけ早い段階で"そうでもなかった"という印象を持ってもらいましょう。
そのためには個々の関係作りが大切になるのですが、、コミュニケーションが大事であることを伝えると非常に多くの方が飲み会などお酒の席や、仕事時間外で付き合いを深めようとしてしまいます。
そこそこシニア世代であればあまり問題はないのですが、若い社員の場合は仕事時間外での拘束を嫌う傾向にあり、それが原因で辞めてしまうこともあり得ます。
そのため、できるだけ仕事の時間内で少しの会話を行うよう心がけたり、デスクを質問しやすいような配置にするなどの工夫が必要です。

◆事務所など常駐する場の環境は重要
1日の多くを過ごすことになる職場がそもそも居るだけで不快になるような環境ではいけません。
冷暖房設備などの空調、証明や騒音などに気を配りましょう。
トイレなど、水場の衛生面は特に気を付けなくてはいけません。
また、非喫煙者にとって受動喫煙は一発アウトの事案なのでもし喫煙場所が区切られていない場合は早急な改善が必要になります。